福岡県の防災関係は、サイテック株式会社へ

お見積り無料

他会社とお比べ下さい。
設計、施工、点検まで
一括して 行います!

お問い合わせフォームへ

消防用設備等 点検報告制度について
[平成24年10月版]

防火対象物関係者のみなさん消防用設備等 点検報告制度について[平成24年10月版]
PDFダウンロード

保守点検

点検とは?

消防用設備等の点検・報告は防火対象物関係者の義務です。

消防用設備等を設置することが消防法で義務づけられている防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)は、その設置された消防用設備等を定期的に点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告する義務があります。

消防用設備等は特殊なものであり、消防用設備等についての知識、技能のない者が点検を行っても、設備欠陥が指摘できないばかりか、かえって消防用設備等の機能を損なうことも考えられます。

消防設備等は、いついかなる場合に火災が発生しても確実に機能を発揮するものでなければならないので、日ごろの維持管理が十分に行われることが必要です。このため、消防法では消防用設備等の点検・報告ばかりではなく。設備を含め、適正な維持管理を行うことを防火対象物の関係者に義務づけています。

保守点検契約

物件ごとのご都合や鍵の管理、日程のご連絡方法等を確認し、
お客様情報としてご登録させて頂きます。

※個人情報の管理を徹底いたします。


  • ①事前打ち合わせ
    • ■マンション・ビルの場合
      点検作業の日程調整、点検項目の確認、入居者・テナントへの連絡方法の決定
      (作業案内チラシの作成、配布日の調整)
    • ■事業所・工場の場合
      点検作業の日程調整、点検項目の確認
  • ②作業案内の配布
  • 入居者、テナントに作業案内チラシを配布致します。
  • ③点検作業の実施
  • 消防法、消防設置基準に準じた点検を行います。
  • ④報告書の作成
  • 消防設備点検基準(消防法第17条3項)に基づき点検した結果を書類作成致します。
  • ⑤消防署へ報告書の提出
  • お客様の建物が立地する地域を管轄する消防署へ報告書を提出します。
  • ⑥お客様へ報告書の提出
  • お客様へ報告書を提出します。